無料ではじめられるED治療がある

その昔、勃起障害の悩みを抱えている男性は誰にも相談できないでいました。それは、「不能」、「インポ」とさげすみの目で見られていたからです。
現在も、セックスなどで勃起不全による悩みがあると中々他人に言えないものですが、EDという呼称がすっかり定着しました。
男性なら誰しもなりうるもので、治療も可能なのだという認識が広まったわけです。
ところが、さらに悩みがタネが現れました。治療費が高額という点です。

現在では健康保険適用対象のED治療薬が増えてきましたが、それでも薬価と診断料は高い傾向にあります。また、継続しないと再発するおそれがあるので悩ましいところです。
EDの治療には個人差があるためかならずしも改善するとは限りません。できれば無料お試しで体験できる機会があればいいのですが…。

もし、本格的なED治療をはじめる前に、精力剤などでどれほど効果が望めるのか試したい場合、漢方由来の精力剤があります。
種類は豊富でどれを飲んでいいか迷うところではありますが、最初の一ヶ月、もしくは数回分は無料お試しが可能なものもあります。
だまされたと思って一度利用してみては?

ED治療薬を摂取するときに気をつけたいこと

以前は、不能、インポ野郎と嘲笑されてきた勃起不全もEDという名で広く認識されるにいたりました。
治療も進化しており、特に画期的だったのはバイアグラに代表される治療薬の登場です。
現在ではジェネリックも登場していますが、登場当初はバイアグラ以外即効性のあるED治療薬が無かったため、治療薬の代名詞としてこれからも用いられることが予想されます。

バイアグラ搭乗後、シアリスなどが登場し、個人輸入で購入することも可能になりました。
ただ、昔も今も注意したいことがあり、それは副作用の面です。

風邪などの感冒症状や痛みを抑える薬剤というのは、必ずデメリットがあります。眠気をもよおしたり、代謝が鈍ったり等々。
勃起のメカニズムに影響をおよぼすED治療薬はそのデメリットがとても大きく、一歩間違うと生命の危機にも影響します。

まず、バイアグラやシアリスといったED治療薬は食事をすると効き目が弱くなるという点。
男女がデートをする際、まず食事をしながら会話を楽しみます。レストランで食事をしなくても、ホテルで何かつまむということはあります。
だからといって、食前に飲んでしまうと、注文する段階になってギンギンになり変態あつかいされてしまいます。

次に、これはとても重要なのですが、心臓に負担をかけるということ。
健康な人であればサウナやジョギングなどをしたときと同じ程度の負担がかかるのですが、もし、心臓疾患を抱えていると大変なことになります。
事実、バイアグラが有名になった理由の一つに、心臓疾患を抱えていながら個人輸入で購入し、セックスの最中に急性心不全で亡くなった事故が多発したことが挙げられます。
心臓疾患がない人も要注意で、アルコールを摂取していると効果と副作用も倍増します。
そういった面では自己判断ではなく、専門のクリニックで受診、処方してもらうことをお勧めいたします。

体験談・精力低下の原因はいびきだった!

私は40代を迎えた矢先、一気に精力を失いました。性欲があるにも関わらず、反応すべきところが完全に沈黙。精力剤があれば一時的に回復するものの、体に合わないのか、次第に体がしんどくなっていきました。家内はまだ若く、もっとしたかったでしょうに・・・「無理が一番、体に良くないから」と、私を気遣ってくれました。

丁度、その頃だったでしょうか。私は睡眠時に“いびき”をかくようになりました。それはとても激しいもので、横で寝ている家内の睡眠を阻害するほどで・・・そんな日々が半年ほど続いたでしょうか。ある夜、私は家内に揺さぶり起されました。

「あなた、いま呼吸が止まってたわよ!!」

すぐさま医療機関で検査をし、予想通りの診断がつきました。今後の治療、日常生活で気をつけること・・・など一通りを話した後で、主治医はぽろりと言いました。

「最近、精力は低下していませんか?」

私は素直に答えました。すると主治医は言ったんです。

「安心して下さい。いびきが解消すれば、そちらも回復しますよ」

いびきをはじめ粗悪な睡眠が交感神経を異常興奮させ、副交感神経の働きを鈍らせる。勃起を促す男性ホルモン(テストステロン)は副交感神経に依存するために、精力が低下するそうです。

副交感神経は、リラックスした状態でもっとも活発化します。つまり質の良い睡眠=リラックスできる時間をしっかり確保すれば、精力は回復するのです。主治医の説明通り、いびきが減少すると共に私の精力は少しずつ回復していきました。

いびきは様々な要因で発生しますが、私の場合は肥満も関係していました。咽頭についた脂肪が、姿勢の影響(仰向けで寝ていました)で呼吸を阻害していたんです。診断以来は、横向きで眠るようにしています。

精力剤との合わせ技でED改善

現在、ED改善だけではありませんが、セックスに効くという精力剤はかなりの数があります。
WHITEBLUEのように信憑性がある精力剤もあれば、名前ばかりでまったく効果がないというものもあります。
また、精力剤の類はそもそも化学合成された薬剤ではないので体内にうまく吸収されない、そのため効き目が感じられないのは仕方がないという意見も。
では、そんな精力剤とどのようにつきあっていけばいいのでしょうか?

精力剤でほとんどの人に現れる効果の一つに亜鉛や銅といったセックスミネラルの補給が挙げられます。
ファストフードなど食指生活が乱れている人、四十代を過ぎた人は減少が見られるものです。
そのため、よく亜鉛のみのサプリメントを摂取する人がいるのですが、あれは逆効果です。
亜鉛は銅などと一緒に体内に入ることで摂取が促進され、バランスがとれていないと下痢をしてしまいます。摂取過多というわけです。

栄養素だけを吸収してもEDは改善されません。理由は、テストステロンといった男性ホルモンや各成長ホルモンが枯渇していると血行が鈍くなり、男性でも冷え性になってしまったり、ペニスに十分な血液が行き渡らないからです。
そこでオススメしたいのが、筋トレです。
いいなり20kgのダンベルをアームカールしろとは言いません。ストレッチからスタートし、自重で有効なトレーニングさえできれば成長ホルモンの分泌が増えます。これに精力剤を並行して飲むことで大幅な改善が見込めるでしょう。

愛とは一体なんなのか?答えは一つ

モテる男性の魅力とは一体なんなのでしょうか?
たとえば、ルックス。超イケメンだったらモテまくっていたに違いないという人は少なくありません。
次にお金。もし大金持ちで油田の三つでも持っていればモテて仕方がなかったろうと回顧する人もいます。
しかし、イケメンでも金持ちでもなく、モデルなみの女性を常に連れ、自信満々に生きている男性だっています。
これは一体どういうことなのでしょうか?

結論から言いますが、男性のモテる秘訣はただ一つ。ペニスです。
愛こそペニス、すべての女性はペニスへとつづく道を旅する。それが真理なのです。

女性が男性に恋愛感情をいだくとき、その要因になるのはルックスでも経済環境でもなく、人となりなど内面的なものです。
ところが、いざベッドインし、セックスをしようとしたとき、肝心のペニスがうんともすんとも言わないと、女性は侮辱されたような気持ちになるのです。
ここで、肩を落とす人もいるはずです。そうです、勃起障害に悩むあなたです。

愛情や性欲があっても肝心のペニスが肥大しないとセックスができない、もしくはその意志なしと判断されます。
こういったラブクライシスを回避するために、まず自分にベストマッチした精力剤をチョイスすることが先決です。
もしかすると対処療法にしかならないかも知れませんが、たった一回の勃起が数百回の勃起へつながる道筋になるかも知れません。あきらめないでください。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.